So-net無料ブログ作成

続・奉納花火・天神祭 [風景]

前回の続編です。

大阪の夏を彩る大阪天満宮(大阪市北区)の天神祭が25日の本宮を迎え、約5千発の奉納花火が夜空を焦がしました。

その撮影してきた一部です(^.^)

DSCN1041.JPG

DSCN1044.JPG

DSCN1046.JPG

夜景モードや夜景ポートレートモード、打ち上げ花火モードなど、いろんな撮影モードを試しながら撮影しました。

DSCN1024.JPG

撮影場所移動の前に撮った、川沿いと橋上

警察による道路規制で車は通ってませんが、人が歩ける場所は人の山でした・・・。



で、花火の続きです。

DSCN1070.JPG

DSCN1072.JPG

DSCN1073.JPG

いろんな色や種類の異なる花火の同時爆発など、撮れた画像を見て改めて豪華だったんだなぁ、と再確認。


DSCN1076.JPG

DSCN1078.JPG

体に響くぐらいの大音響のラスト間際の花火!
あまりにもたくさん同時に打ち上げられすぎて、光の塊と化してました!!

ただ、打ち上げ花火はラストがわからないので、コレか?コレか!
と思いながら撮影&肉眼視してました(^^)

皆さんはどの花火がお好みですか??


奉納花火・大阪天神祭 [風景]

7月25日、大阪の夏を彩る天神祭の奉納花火を撮影してきました(^^)

天神祭は、全国の天満宮で催される祭りですが、大阪天神祭は日本三大祭(他:京都の祇園祭、東京の神田祭)の一つ。

25日の本宮の夜は、大川(旧淀川)に約100隻の船が行き交う船渡御(ふなとぎょ)が行われ、日没ごろから奉納花火があがります。

DSCN1026.JPG

大阪城をバックにして



では、時間を追って載せてきます。

DSCN1018.JPG

花火を待つ見物客(大阪市内、大川沿い)
けっこう早い時間からみなさん陣取ってます(^_^;)

この見えてる場所にたどりつくための道もすでに混雑状態・・・。


この日の大阪市は今年最高となる36.7度を観測したみたいで、外で待ってる人たちは暑さとの闘いだったと思われます。

DSCN1020.JPG

川には、いろんな船が行き交ってました。

川上にせり出したところは、有料観覧席だと思うんですが・・・。

DSCN1017.JPG

横断旗にチキンラーメンと書いてある船。
キャラが載っているので目立ってました(笑)


船上はすごい特等席だけど、途中で降りれないのが大変そう(^。^;;
おそらく数時間は座りっぱなしでしょう。



いよいよ、花火開始です。

DSCN1025.JPG

最初は空も少し明るかったけど、すぐ暗くなりはじめます。

DSCN1028.JPG

DSCN1033.JPG

見てると撮れないし、撮ってるとゆっくり見て楽しめないんですよね、花火って(^_^;)


DSCN1035.JPG

むっちゃキレイな花火なんですが、
派手な花火ほど、光がきつくてなかなかうまく撮れません。
花火ってムズカシイ(>_<)


この後、場所移動して違う角度からの花火を撮りに行きました♪
それは次回へ。

nice!(42)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

涼感 in 大阪 [風景]

先週末、各地で梅雨が明けて、一気に暑くなりました・・・(><;)。


熱中症などがニュースでもとりあげられてます。



DSCN0798.JPG


こういう水の流れを眺めることで、気分的に涼しく癒される感じがしませんか??


ここではマイナスイオン?が出てるかどうかはわかりませんが・・・。








わざわざ遠出してコレを見に行ったのかと言われれば、


全くそうではなく、


かなりの近場。








少し広範囲でみると、


DSCN0799.JPG


こんな感じ。


(大阪の方ならすぐわかるかも)








で、上を見上げれば、



DSCN0800.JPG


このビルが建っています。


梅田スカイビル。


バイクに乗れば15分もかからない近場なんですv(^-^)v



(昨年、ここのクリスマス写真を撮ったときの記事はこちら↓

梅田スカイビル ドイツ・クリスマスマーケット



日本人の知らない日本語 [BOOK]

先日、実家を訪れた際に見つけた本『日本人の知らない日本語』。

その時に読んで、中身の面白さとともに「へぇ~!」と感心もさせられたのですが、この7月からテレビドラマになると知り、ビックリしました!

DSCN0900.JPG

これは、女性の日本語学校の教師である”なぎこ先生”の体験談をもとに作られた漫画です。

海野凪子(原案)・蛇蔵(構成・漫画)で、メディアファクトリーより2巻まで発刊されています。

日本人以上に敬語の上手なイギリス人。時代劇や忍者が大好きな金髪美女。任侠ものの好きなフランスマダム。
他にも個性豊かな&多彩な生徒を相手に奮闘する日本人教師が描かれています♪


普段使っている(聞いている)敬語が間違っていたり、日本だと常識というか当然のことが、海外の人には不思議に感じられたりと、なかなか読み応えがありました。

お店で使う敬語として、

「ご注文の方はよろしかったでしょうか?」
「こちらパスタになります。」
「お会計、千円からお預かりします。」

など、普通に聞き流してました(^_^;)

干支がない国もあれば、あっても動物の種類がことなる国も多々あったり、絵に描く太陽の色の違いや、文字を書く方向などなど・・・。


答えは、読んでみてくださいな♪

もしかしたら、7月15日からの仲里依紗さん主演のドラマで答えがわかるかも(^^)

ドラマ『日本人の知らない日本語』公式HP
http://www.ytv.co.jp/nihongo/index.html

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。