So-net無料ブログ作成

映画「NECK」舞台挨拶★相武紗季/溝端淳平/栗山千明/平岡祐太 [映画]

8月21日に公開された映画「NECK」。
だいぶ前になりますが、公開前の有料舞台挨拶&先行上映会に行ってきました。

作家の舞城王太郎さんが映像化を頭に入れて、書き上げた「同一モチーフのまったく別のストーリー」の二本の新作。
その一本は先行して舞台化(舞台版は2010年2月青山円形舞台劇場で行われた。)され、今回の映画化がもう一つのNECKです。

この日の出演者は、相武紗季さん、溝端淳平さん、栗山千明さん、平岡祐太さんの4名。かなり豪華な顔ぶれです♪σ(^-^)は栗山さん以外は初見でした。

栗山さんは、映画「死国」のころに発売された 『栗山千明ACCESS BOOK(1999年、角川書店)』の発売記念イベントで、当時その美しさに感動したのを覚えていてます。


それでは、舞台挨拶レポです。
0720osaka1.jpg
(当日の夕方にあったイベントのニュースより拝借。舞台挨拶の衣装はこれと同じでした。)

司会:それでは、4名に入っていただきましょう~。

かなりの大歓声!!中には、紗季ちゃ~ん!淳平く~ん!と大声も。


相:公開に先がけて見ていただけるのは、本当ドキドキしていてうれしいです。今日は楽しんで帰ってください。

溝:ただいまです。(和歌山出身)最近、舞台の稽古が多くて、久しぶりに黄色い声援を聞きたいなと思っていて、こうやって聞けてうれしいです。楽しんでいってください。

栗:遅い時間になりましたが、いらしていただいてありがとうございます。やっと皆さんに見ていただけるんだな。怖がって笑って楽しんでいってください。

平:(ここで、平岡く~ん!と叫び声)(言ってもらえて)よかった♪
さっき、ここに来ているお客さんはお金を払ってきてくれてると知りまして、すごく感謝しています。
(無料の試写会だと思っていたらしい。)

相:えっ、どういうことですか?(事情を聞いて納得)

平:すごく感謝しています。ホラーあり笑いあり胸キュンありと全く新感覚の映画になっていると思いますので、今日は楽しんでいってください。」


司会:主演映画を先に見ていただくのは?

相:演じたのが今までになかった役で、振り切れているので。私自身は大好きな役で。どういう表情で見てくださるのかな、と楽しみです。関西弁に似た福井弁を話してかわいらしい部分もあるので。


司会:男の子を振り回す感じでしたね

相:今回は溝端くんをふりまわす感じで。

溝:飼い犬のように、相武さんを好きになる役でした!

相:顔が似ているので、恋人には見えないって言われるんですけど。

溝:そうなんですよ。言われるんですよ!雑誌でもよく似てる芸能人、となっていて自他共に認める感じ。


0720osaka2.jpg


司会:楽しんで撮影できてたんですね。

栗:私は皆さんの話を聞いて、いい子たちだな、と思ってました。


司会:溝端さんは?

栗:優しさ満点、な感じですかね。現場でもストーブで焼き鳥を焼いたりしていただいて。

相:さっきも胃袋をつかまれたんです。

栗:溝端くんのご両親にさし入れをいただいて、”柿の葉鮨”をいただいて、すごく美味しくて。

溝:親も喜びます!ありがとうございます。

栗:部活的な男っぽい印象があったんですが、相武さんに振り回されているのがかわいかったです。


司会:栗山さんは?

溝:クールでカッコイイというイメージがあったんですが、癒し系というか、すごく女性っぽいです。

栗:褒めあって気持ち悪い(^^)


司会:ホラー映画なので、深夜の撮影だったと思うんですが、怖い思いとかありました?

相:全くなかったですね。すごい楽しくて。私、いつもは11時には眠くなる
夕方リハで、日が落ちてからの撮影で、完璧にナチュラルハイになって、覚えてない。

溝:皆さんのテンションを保つために、石油ストーブでいろいろと。

相:初日はヤキゾバを温めることから始まり、2日目オレ思いつきましたとウインナーを焼き、ラーメン作ってくれたり、徐々に胃袋をつかまれて。

溝:外でいろいろするのってうれしくないですか?

平:これが溝端淳平が愛される秘訣かな、と。

溝:石油ストーブいいなぁと思って、コンビニ行っていろいろ買って。

相:初めて見ました、現場で配るなんて。

平:僕もはじめようかな、と。気持ちが良かったんですよね♪


司会:映画では、人形出てきてましたね!

相:いろんな種類人形がでてきます。私たちはあんまり怖いシーンなくて、栗山さんが引き締めてくれてます。

栗:ゆかりちゃん、というキャラクターが出てくるんですけど、怖いんですよ。
ランドセルしょってるのがそうなんでけど、これは見せ場だな、と思って頑張りました。


平:僕は二面性を持っている役でした。映画じたいが高いテンションなので、いつもより大きめな演技を。今までやったことのないお芝居の演技でした。


司会:完成した映画について。

相:ネタばれなんですけど(笑)。CGでなく、特撮チームで撮っていただいたので、ぬいぐるみがまとわりつくんですけど、自分で芝居してるんですよ。まとわりつかせてるんですよ。
あっ、でも怖くなくなっちゃうかな。でも、怖いんですよ♪

溝:最後、僕のキス顔を見れます。子犬のような役なので、ファンの方はそれを見てキュンキュンして、今夜寝られなかったらいいな、と思います(^^)


司会:上映に入る前に、最後に大阪の皆さんに。

平:今回はチャレンジした作品だなと思います。恋と恐怖が暴走する新感覚の映画になっていると思います。もし、面白かったら、お友達にも勧めてもらえたらうれしいと思います。

栗:やっと見ていただけるのがうれしくて、できたら見終わった皆さんにお会いした気持ちもありますが、これから楽しんで欲しいと思います。一度といわず、二度三度と見て欲しいと思います。

溝:ホラー映画なのに、こんなにハッピーな映画はないと思います。
ぜひ最後まで楽しんでいって、今日は僕にキュンキュンしてください。

相:恋のドキドキと恐怖のドキドキ同時に体感が味わえる映画になっていると思います。
夏にぴったりの作品です。小ネタも満載なので、一度目はさらっとみて、二度三度と見て欲しいと思います。ありがとうございました。



以上、舞台挨拶レポでした。

長い文章を読んでいただきありがとうございました。

バイクの日(8月19日) [ブログ]

(もう終わってしまいそうですが)今日、8月19日は語呂合わせで「バイクの日」だそうです。

制定されたのは、1989 年(平成元年)ということなので、けっこう古いですね。
交通事故の増加を防ぐために当時の総務庁(現在の総務省)交通安全本部が定めたそうです。

当時は今とは違いバイクの台数も多く制定も意義が大きかったのかもしれませんが・・・。



日本のバイクの販売台数はピーク時の1980年代から比べると約10分の1近くにまで激減。保有台数で比較してもその時の3割以上減、とのこと。

ということは、持ってるバイクを丁寧に乗り続けて、買うとは中古車をという人が多くなっている、ということなんですかね。


ちなみにσ(^-^)が今の乗ってるのです↓(中古で購入しました)

20100819.JPG
nice!(38)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

『修羅の門』 連載再開♪ [BOOK]

昨日の昼、弟からのメールがきた。
わざわざ連載再開を知らせてきてくれたのだ(^^)
趣味の合う弟よ、ありがとう♪

発売されたばかりの月刊少年マガジンで確認。
「おっ~!」と思わず声を上げてしまいました!
うれしくて♪


”10月6日発売の『月刊少年マガジン』11月号から13年ぶりに連載を再開予定。
タイトルは「修羅の門 第弐門」”だそうです!!



『修羅の門』は、月刊少年マガジン(1986~1996年)に連載されていた川原正敏さんの漫画です。
現在では、総合格闘技はテレビでも放映されてメジャーですが、当時はK-1やグレイシー柔術を有名にしたUFCも開催すらされていませんでした。(どちらも1993年から)


そんな時代に”全日本異種格闘技選手権”を開催させ(紙面上ですが)、空手・プロレスラー・シュートボクサー・キックボクサーなどとのいろんな対戦を見せて(魅せて)くれたんですよ!
毎月の連載をわくわくしながら読んでました!!


(この文章を考えてたら、その頃”虎砲”や”蛇破山”を道場でマネてたのを思い出しました(^_^;))


こうやって書いてたらまた読みたくなってきたなぁ♪
が、『修羅の門』は家にないんですよね~(>_<)

今、家にあるのはこっち↓

DSCN1087.JPG

『修羅の刻』

単行本は1~15巻までの計16冊(13巻は”裏”巻がある)発売されてます。
1995年には作者自身の手によって「宮本武蔵編」のみが小説化もされてます。


『修羅の門』の主人公、陸奥圓明流継承者・陸奥九十九の先祖たちを描く外伝が『修羅の刻』です。
源義経、武蔵坊弁慶、平教経、織田信長、雑賀孫一、宮本武蔵、柳生十兵衛三厳、坂本龍馬、土方歳三、沖田総司、雷電、西郷四郎などなど。

こっちもオススメです(^^)v
nice!(38)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ファミリーマート 『具入りラー油おむすび』 [グルメ]

今日、ファミリーマートによると新製品を告知してたので買ってきました(^.^)

DSCN1079.JPG

『具入りラー油おむすび』

以前からファミマでは、ラー油おむすびを地域限定で発売していたのが、全国発売になったみたいです。

(ちなみに、7/6~九州地区で『手巻おむすび 食べるラー油』。7/16~東北地区・新潟県で『具だくさんラー油おむすび』を発売中↓)

DSCN1080a.jpg

名称だけでなく、パッケージもちがうみたいです。



最近、ラー油を使ったメニューが続々と販売されてますが、食べたことなくほぼ初めてに近いσ(^-^)

封を開けるとかすかに香ってくるラー油。

DSCN1080.JPG

食すとピリカラで、ご飯と合っていて一気に食べきってしまいました!

おコメに比して多すぎず少なすぎず、口に残る味がまた食べたくさせる感じです(o^-')b

また明日買ってしまいそう♪


再発売されている、モスバーガーのラー油バーガーも食べて見なくては!!

nice!(32)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。